読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒と涙と時々女 〜酒乱ボーイズ〜

酒に涙に溺れる毎日にホッと一息

久しぶりの再会〜益若似の女〜

こんにちは!!

最近のゴールドジム会員になったパーさんです。


f:id:sakenamida:20170405161349p:plain

ふぁー最近は何も起きないなぁと思っていた矢先、突然LINEが、、

「パーさん会いたい。」


数年前に何度か会っていた女の子。

(益若つばさ似)

少しおかしな子だし、彼氏いたからどうしたのかなって、

パー「どうしたの??」

益若「夢に出てきたのパーさんが。エッチしちゃったの。」

メンヘラ臭が漂う。ふーん、嫌いじゃない。

会う約束をした。


原因はエッチにあったらしい。


パーさんは、まぁまぁ筋肉がある。

あと、スタミナは凄くある。

f:id:sakenamida:20170405161420j:plain

こんな事があるのか、カッコ良くもないのにパーさんは。


当日、久々に会ったその子を見て、大人びて見えた。同時は、21歳だったのに。


夕食を少し食べて、そのままホテルへ。


入るやいなや、

服を脱がされ、パンツ一枚に。

「早くしちゃお。早くエッチしたい。」

パーさんもパンツに手を入れる。

....うわっ


パー「ビショビショだな。」

トルコ風アイス並みの糸引きだった。

益若「恥ずかしい、でも、好き。」

パー「そんなに興奮してるなら、舐め合いっこしよっか。」

狂ったかのように、舐めてくる益若。


パーさんの番。


ジャバジャバ



「あーそうして欲しいの。もっと吸って。」

パーさん吸引力もすごくある。



「もうダメ。入れて。生がいい。それ以外は嫌だから。」

「いいよ。」(こっそりゴムをつける。)


騎乗位から、突き上げる。

バックで攻め立てる。

彼女の背中には、水溜りが。

パーさん完全に汗だく。ベッドも、ビショビショになっていた。


パー「ヤバイもう逝きそう。」

益若「いいよ。中に出してね。お願い。」

パー「いや、外に出すよ。お腹ね。」

すると、足でロック。

益若「無理だからね。子供欲しいの。」

念のためにしておいた、ゴムのお陰で助かったが。


物凄い顔で見てくる益若。

(まずなぜ気付かない?俺の小さい?)


凄く途中怖かったが、出し切ったすごくいい夜だった。

あと、可愛い。


避妊の大切さを学びました。


君に出会えて良かった。